なぜNISA(ニーサ)はできた?○○のため![No.3]



f:id:nisaschool:20170503212320j:plain

なぜNISAはできた?

NISA ができたのは○○のための答えは、

NISAは、ボクら20 代・30 代の人が、⻑期的な投資を始めるために作られた

です。
NISA の元となったのは制度について説明します。NISA は日本で生まれたものではなくて、イギリスのISA(イーサ)っていう制度が元となっています。この制度は、個人が投資を始めるために税金を優遇したものでした。この制度のおかげで、イギリスでは投資をする人が多くなりました。このNIPPON 版ISA としてできたのがNISAなんです。

 

NISAって何については、下記の記事を見てください。

nisaschool.hatenablog.com

お金の半分は眠っている?!

今、日本で個人が持っている金融資産の合計額はいくらか知っていますか?金融資産というのは、現金や株などのことです。

これは調べていて、とてもビックリしたのですが・・・

なんと1,741 兆円

日本の借金返せますね!このうち902 兆円が現金預金です。(「日銀 ・資金循環統計速報」(2015 年3 月末時点))

次の図を見てください。

f:id:nisaschool:20170503213622j:plain

902 兆円が現金預金であるということは、お金の半分以上が何もせずに銀行などで眠っているということ。これが図の左側の「眠ったお金たち」です。これじゃ経済はよくならないです。

この眠ったお金たちに、ボクたちが投資というパワーを与えてあげると、お金は人のために元気に働き始めます。

「眠ったお金を働かせてほしい」
「それを⻑期的な投資で叶えてほしい」
「⻑期的な投資を始めてほしい」
「その結果、日本社会・経済をより良いものにしていきたい」

という願いからこの税金をゼロにするNISA という制度ができました。 

経済というのは、良くなったり悪くなったりします。投資の期間が短いほど経済の良し悪しによって利益が変わってしまいます。たまたま、良い期間だけ運用し終われたらよいのですが、そうとは限りません。そのため、⻑い期間投資できる20代・30 代の人の⽅が、NISAを活用するメリットが大きいのです。

 

では、今日の話を振り返りましょう。
NISA は、20 代・30 代の人が投資を始めるためにできました。日本の個人が持っているお金の半分は、何もせずに眠っている状態にあります。
このお金に⻑期的な投資というパワーを与えてあげると、お金は元気に人のために働き始めるという話でした。


投資というと大きいお金が必要なのではと思いがちですが、今では月500 円の少額からでも始められます。

例えば、日本に住んでいる1 億人の人が、月たった1,000 円を投資すると、

1 か月で1,000 億円ものお金が寝覚めます!

この眠ったお金を働かせて日本を良くできるのは、ボクたち個人にしかできないことです。ぜひ、このNISA 制度を使って、⻑期的な投資の第一歩を一緒に踏み出していきましょう。

 

〈配信日・時間〉

 夜20時頃。はじめは不定期です。

 

〈ご留意ください〉
・当サイトのコンテンツは、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

・当サイトのコンテンツは、⻑期的な投資の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の金融商品の売買を推奨・勧誘するものではありません。
・当サイトのコンテンツは、信頼できると判断した情報に基づき作成されていますが、情報の正確性・安全性については弊所が保証するものではありません。
・投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。
・投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。
・当サイトのコンテンツに基づいて被ったいかなる損害についても、弊所は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

 

それでは、 

NISA SCHOOL

スタート!

Let's Be Happy Together!