投資はみんなをハッピーにできるもの!平成Ver.[No.6]



f:id:nisaschool:20170504113744j:plain

今日のテーマは、

「投資は本来みんなをハッピーにできるもの!平成Ver.」


「投資は悪いものなの?投資はみんなをハッピーにできるもの!」の中で、オランダで株式投資が始まったという話をしました。オランダの話は少し昔の話だったので、今日は、平成時代のバージョンでお伝えします。

 

投資と聞くと、代表的なものに「株」があります。株は、その株式会社にお金を出していることを示すためのチケットのようなものです。

株式を上場するという言葉を聞いたことがありますか?

株式を上場する目的は、主にお金を銀行以外から集めるためです。

このお金の使われ⽅について説明していきます。 

次の図をみてください。

f:id:nisaschool:20170504114540j:plain

例えば、あるパソコンメーカーが研究開発費を銀行以外から得るために株式を新規上場するとしましょう。

あなたは、投資家(Investor)だとします。

この企業は、「利益を出しそうだな!」、「世の中を良くするものを作っているから応援したいな!」と思い株式を購入しました。

企業(Company)は、購入された株式から得られる資金を使って、とても便利なパソコン(Product)を研究開発でき、販売しました。

消費者(User)の⽅々は、「なんて便利なパソコンだ!」「こんな商品を待っていた!」と思い、そのパソコンを購入しました。その購入代金が企業の売り上げとなります。
企業は、その利益の一部を配当金として、投資家に渡します。また、その企業の価値が上がり、株価も上昇します。

もし、このお金のサイクルがうまく回っているとしたら、投資家は、配当金がもらえるし、株価も上がって嬉しいと思います。企業は銀行以外から資金を集められ、売り上げアップができて嬉しいと思うはずです。また、商品を購入した消費者も便利になるものを使えるようになり嬉しくなります。

みんなが少しずつその恩恵を受けることができるのが本当の意味での投資です。

このように投資は、本来みんなをハッピーにできるものであるとボクは考えています。

 

〈配信日・時間〉

 夜20時頃。はじめは不定期です。

 

〈ご留意ください〉
・当サイトのコンテンツは、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

・当サイトのコンテンツは、⻑期的な投資の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の金融商品の売買を推奨・勧誘するものではありません。
・当サイトのコンテンツは、信頼できると判断した情報に基づき作成されていますが、情報の正確性・安全性については弊所が保証するものではありません。
・投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。
・投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。
・当サイトのコンテンツに基づいて被ったいかなる損害についても、弊所は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

 

それでは、 

NISA SCHOOL

スタート!

Let's Be Happy Together!